男性が悩む薄毛はAGA治療で解決│続けることで変わる頭皮環境

メンズ

世界で人気のプロペシア

頭を触るメンズ

男性型脱毛症による抜け毛を抑える効果を持つことから人気の薄毛治療薬として人気となっているプロペシアですが、利用するにあたって気をつけなければならない点もあります。プロペシアに含まれるフィナステリドは母胎を通し胎児にもその効果が影響します。フィナステリドは経口による摂取だけでなく、皮膚からも摂取されてしまいます。万が一妊婦がフィナステリドを摂取してしまうと胎児の生殖器に異常が現れてしまう可能性が出てきますので、妊娠中の女性が側にいる場合はプロペシアの扱いだけでなく、保管にも十分気をつけましょう。こうした女性へのフィナステリドの影響からプロペシアを服用中は献血も禁止されています。抜け毛を大きく減らすことで薄毛を改善するプロペシアですが、利用する場合はこのような注意点に気をつけて利用するようにしましょう。

プロペシアは日本だけではなく世界でも人気となっている薄毛治療薬です。人気の理由はもちろん薄毛改善効果の高さによるものです。プロペシアの利用者のほとんどがたった3ヶ月ほどの服用で抜け毛の減りを実感しています。服用開始から1ヶ月後くらいに初期脱毛という一時的に抜け毛が増える時期が訪れますが、その初期脱毛が終わると同時に抜け毛が減っていき、生えている髪の毛も太くしっかりとした状態へと変わっていきます。プロペシアの効果は科学的にも証明されていて、1年間の服用で利用者の60%もの方が薄毛改善効果を実感することが出来たというデータもあります。こうした薄毛改善効果の高さからプロペシアは世界中に利用者を持つ人気の薄毛治療薬となっています。