男性が悩む薄毛はAGA治療で解決│続けることで変わる頭皮環境

男の人

薄毛を改善できる

医者

抜け毛に注意

髪のボリュームがなくなって地肌が見えるようになってきたり、枕やその周辺に髪の毛が落ちていたりすることがあたり前となってきたらAGAの可能性があります。AGAの症状は緩やかに進行するため初期の段階ではなかなか気づけないのですが、抜けた毛をよく観察すると細くて短い毛が多いことが分かります。髪の抜ける部分は額のこめかみ部分や頭頂部の毛が抜けるのが特徴で、早い人では10代の後半ごろから症状がみられるようになります。私たちの髪の毛は毎日抜け替わるのが通常ですが、その数はおよそ100本程度です。1日に抜ける髪の本数が少なく見積もっても200本や300本に達する場合はAGAの可能性も考えて医療機関を受診するようにしましょう。

皮膚科で相談

AGA治療は皮膚科やAGA外来などで行っています。以前までAGAには治療法が存在しなかったため育毛剤などによる対処療法しかありませんでしたが、最近ではミノキシジルやザガーロなどが登場したことによりAGA治療は目覚ましく進歩しました。ザガーロは以前までは不可能であった男性ホルモンの活動を抑制することで、抜け毛のメカニズムそのものを抑制することができるのが特徴です。6ヶ月程度の期間使用することにより90%程度の症例に効果があることが臨床試験などでも確認されており、医学的にも高い効果を発揮することが証明されています。ミノキシジルは強力な発毛効果を持つのが特徴です。ミノキシジルには高い血管拡張効果があるので毛母細胞を活性化させ太くてコシのある髪の毛が生えてくる効果のあることが分かっています。これらの薬は医学的に根拠のある治療法として皮膚科学会も認めているものです。AGA治療は早期に行うほど効果的なことが分かっています。AGAの症状で悩んでいる男性の方はできるだけ早めに皮膚科やAGA外来を受診し、治療を開始するようにしましょう。

世界で人気のプロペシア

頭を触るメンズ

抜け毛を予防することで薄毛を改善するプロペシアはその改善効果の高さから日本だけではなく世界で人気となっています。ですが、プロペシアにも注意すべき点もあります。プロペシアの成分であるフィナステリドは胎児にも影響を与えてしまうため、妊婦が側にいる場合には扱いや保管に注意が必要となります。

Read

AGAの治療に効果的

医薬品

男性型脱毛症治療薬のプロペシアで効果が感じられなかった方はザガーロを試してみると良さそうです。大阪のクリニックには、ザガーロを処方しているAGA専門クリニックがあり評判です。プロペシアよりも効果的に男性ホルモンを抑制します。ネットにある、大阪のおすすめAGAクリニックサイトを参考にしてみて下さい。

Read

定番のもの

医薬品

プロペシアと言う薄毛治療薬があります。内服薬としては代表的な存在、世界中で用いられています。主な効果としては、男性型脱毛症を抑制すること、数か月続けることで抜け毛がとまったりするようです。横浜で購入するなら、信頼できる医療機関がいいでしょう。

Read